パンダ先生の中医学ブログ
公開日: 2019.07.22 カテゴリ: Voice

脳腫瘍を中薬で消す 中医学・名医・大病院の治療

脳腫瘍の治療は西洋医学での治療は既に受けていると思います。

手術をしましたか?

この病気は手術しても再発する可能性が大きい。

早い場合は4ヶ月後には再発しています。

実際は見えないだけで手術したその日から再発が始まり、目に見えるようになるのが4ヶ月の場合が多い。

数年して再発する場合も有ります。

1_12_03c

中医学では脳腫瘍を中薬で消滅させます。

手術した場合も半分取れて、半分が残っている場合も有ります。

それも消す事が出来ます。

全部では無いですが、ほとんどの人で消える状況です。

この治療方法は日本には有りません。

医学、治療方法、医師、医薬品など全てが日本に有りません。

脳腫瘍を治療、中医学

大部分の患者は中薬を使うと短期の内に効果が見られる。

数ヶ月後には腫瘍は縮小か消失している。

手術後に中医学の薬で治療すれば、再発する率が極端に低くなる。

同時に手術後の仕事、栄養豊富な食べ物、体の鍛錬、心の保ち方などは患者の生存を伸ばす。

中医学で薬を飲めば

1)気血を調節し補う

2)五臓六腑の力を増す

3)脳腫瘍を消す力を蓄える

この三つが脳腫瘍を消す元となる

中医学の薬による治療効果

1)脳に通じる経絡の通りを良くする。

2)  脳腫瘍組織の血液循環を封じ込める

3)  脳腫瘍の血中酸素の供給を封じ込める

4)脳の血流障壁を取り除き血流を良くする

5)脳腫瘍を攻撃する 

6)脳腫瘍細胞を殺傷する物質を最大限に活性化させる

7)脳腫瘍の細胞を抑制し殺す

8)脳腫瘍の治癒、縮小、消滅を目指す。

HG046_350A

脳腫瘍が出来た原因

1)気候・大気の影響が原因となっている

    大気が体内に入ると臓器など体の仕組みを損傷させ、その影響で脳腫瘍が出来ます。

2)自身の感情が発病の原因となっている

   喜怒哀楽など7種類の感情があり、それが内臓を傷め、その影響で脳腫瘍が出来ます。

3)飲食、労働、持病による衰弱が原因となっている

   これらが原因で内臓の機能を傷め、それが脳腫瘍を起こします。

4)先天的稟賦不足が原因となっている

   先天的に体に核となる部分が弱く、それが脳髄を萎縮させ脳腫瘍を起こします。

5)頭部の損傷が原因となっている

 頭部損傷により脳腫瘍を起こします。

この5種類の原因により下記のパターンの脳腫瘍が発生しています。

 

脳腫瘍の種類

1)大気・気候など外部要因が原因で脳腫瘍になった。

①風寒タイプ----風・寒が体に侵入した事で脳腫瘍になった。

②風熱タイプ----風・熱が体に侵入した事で脳腫瘍になった。

③風湿タイプ----風・湿が体に侵入した事で脳腫瘍になった。

上記のそれぞれに応じた治療方法、治療薬が有ります。

 

2)体内の損傷が原因で脳腫瘍になった。

①血虚タイプ----血が虚弱で脳にしっかりした血が行かず脳腫瘍になった。

②気虚タイプ----血を誘導する気が虚弱で脳に血が行かず脳腫瘍になった。

③津液タイプ-----津液が血の流れを塞ぎ、血が脳に行かず脳腫瘍になった。

④五臓タイプ-----@五臓の損傷で血が脳に行かず脳腫瘍になった。

          @五臓が弱く脳髄が不足し脳腫瘍になった。

上記のそれぞれに応じた治療方法、治療薬が有ります。

2_13_01c

日本人の知らない優れた医療---中医学

 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の脳腫瘍の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

脳腫瘍を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

 ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。 

 FV134_L-1

 副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました

 

脳腫瘍の治療---実例---「中西医結合医学」

1)脳腫瘍は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

   

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。 

 

3)脳腫瘍とは別の病気を持っている人。

①別の病気が脳腫瘍の原因になっている人が多い。

②脳腫瘍から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

 

1_09_13c

 

患者・ご家族は必ずこちらをご覧下さい。

嚢腫瘍は非常に危険。

手術しても再発します。

安全度を上げる最も良い対策を研究して下さい。

無料資料です。

スクリーンショット 2019-07-22 22.39.18

脳腫瘍の資料はこちら

 

  

A-4

 

◇ 百 宝 元 の 購 入 

 

 

お薬の依頼・ご質問 

 個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

困った時の検索 ①ビビッド・ライフ      ②病名 で検索

 

fullsizeoutput_1df1

 

 

 

ブログの更新情報を月末にメールでご案内します。

bnr-top001_pc.png