パンダ先生の中医学ブログ
公開日: 2019.09.30 カテゴリ: Voice

慢性腎炎 腎不全や人工透析に持ち込まない  早期に改善 中医学・大病院・名医の治療

お薬の依頼・ご質問

慢性腎炎を中医学で治療する時は、治療のポイントが西洋医学とは全く違います。

まず先に腎病の全てに関係する実例を説明します。

筆者は子供の時に腎盂炎で緊急入院して命を取り留めました。

その時はもちろん西洋医学の病院です。

西洋医学のお陰で今日、命が有ります。

①これについて、②なぜ中医学が必要なのかを、どの「腎病」にも関連ある事ですので書きます。

 

私が腎盂炎で助かり、腎盂炎は完全によくなりました。

しかしなぜか体が弱く、常に虚弱体質状態で、学業は問題無かったのですが、問題は仕事についてからです。

とにかく体力が無いので目眩を起こし倒れるか、動けない人生でした。

 

ここが最も重要な点です。

腎盂炎は治っても腎は基本的に弱すぎて、どんな一般的な仕事にも耐える事が出来ないのです。

この状態は48歳になるまで、その状態が続きました。

実は48歳で中医学に出会ったのです。

 

あなたは中医学は知らないはずです、私もその時に初めて出会いました。

中医学に出会って腎の状態が良くなり、お陰で人並みの仕事が出来るようになりました。

 

4_08_09c「腎」を良くする事は西洋医学は出来ません。

慢性腎病が良くらないで、腎不全、そして人工透析に進むのはその為です。

 

①西洋医学の「腎臓」の治療と、

②中医学の「腎」の治療〜との違い。

 

上記の腎臓と腎は違います。

腎臓は物体です。

腎は機能です。

西洋医学は物体として考えていますから、なぜ良くならないのか分かりません。

つまり物体をいかに治療しても良くならないで困っているのです。

 

しかし中医学は腎臓と言う物体だけで無く、腎臓には様々な機能が有るのか知り尽くしています。

それが「腎」と言う表現です。

腎の様々な機能の内、どれが悪くなっているのか分かります。

そしてその機能を治療する薬が有ります。

FZ077_L

慢性腎炎の驚く情報

普通、一般人なら腎病はどれも腎が悪いだけ〜と思いがちです。

しかし「慢性腎炎」は全く違うのです。

なんと「腎・肝・肺・脾」が関係している病気なのです。

 

つまり慢性腎炎は腎を単独で治療しても良くなりません。

腎と肝・肺・脾がどの様にリンクして悪くなっているのか見極める事が大事です。

これはすごい事です。

優秀な日本の医学もここまではとても出来ません。

 

中国の中医学界の評価を調べましたら

腎と肝・肺・脾の関係を診断し治療すると大抵の場合は慢性腎炎は良くなるとの事です。

これは中国の医学会の一般的な評価です。

良くなる可能性が大きいですから手遅れにならない内に早く治療を開始する事が大事です。

2_02_01cお薬の依頼・ご質問

ビビッド・ライフは上海の大学病院など大病院の名医に相談しています。

それには理由が有ります。

ビビッド・ライフに寄せられる患者様の状態は最も難度の高い、つまり最も難しい相談が寄せられます。

これを治すには中国でもトップランクの病院・名医の力が必要だからです。

医師単独の能力がズバ抜けていますが、それだけで無く、大病院の持つ様々な医療情報を使う事が出来ます。

さらには上海の大病院は中国の代表格の病院です。

中国全土の医療情報が入ります。

これが治療に大きく役立つからです。

 

◇ 百 宝 元 の 購 入

スクリーンショット 2019-08-09 14.24.18

ぜひ◇百宝元を飲まれて下さい。

まず◇百宝元を飲んでみれば良さが分かります。

その上で上海の医師に相談するのも非常に良い流れです。

 

診断と治療は上海に行く必要は有りません。

自宅にいるままで良いです。

お気軽に無料相談をご利用ください。

 

ロゴ

 

 

 

 

 

ブログの更新情報を月末にメールでご案内します。

bnr-top001_pc.png