パンダ先生の中医学ブログ
公開日: 2019.07.4 カテゴリ: パンダ先生の中医学ブログ

乾癬(かんせん)を高度な漢方で治療する、上海の漢方大病院の情報。 

お薬の依頼・ご質問

02535244-751F-446E-BFD2-CB4CA3610968-496-0000014372A9F8D9_tmp 3.jpg医師監修:黄含英、上海中医药大学付属岳阳医院、医師・教授。 助手:郑琨、藩玉娟。

乾癬の情報ページです。

海外のお薬です。お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。必ず上海の医師に診断・処方が必要です。あるいは自分で上海に行ける人は現地の大学病院や国立病院の外来で診断を受けて下さい。検査入院をする方法もあります。

乾癬(かんせん)は慢性の皮膚病です。

皮膚角化疾患に入ります。感染はしません。

皮膚が赤く盛り上がる、魚のうろこ状の銀色の皮が、厚く付着してカサブタ状になり、剥がれ落ちたりする病気。全身のあらゆる部分に出来る。眼球・唇はできることはない。皮膚の再生速度が非常に早い。  

mQIIvw+eRKKpn5LXRVegJQ_thumb_8601.jpg

高度な漢方では原因は解明されています。

原因は五臓六腑の故障です。故障箇所が相当あります。故障には色々なパターンがあります。

乾癬(かんせん)は慢性の皮膚病なのは確かですが、皮膚は結果であって、どこから来ているか?実は内臓で故障---病気が発生しているからです。

ほとんどの場合、乾癬の時の内臓の状態は検査では分かりません。内臓のどこが悪くなっているかは高度な漢方の医師しか分かりません。

人体の構造や機能に対する理論が全く違い、それを診断する方法が全く違うからです。

高度な漢方の場合、熟練の漢方医が診断すれば、内臓のどこが悪くなっているかが、短時間で分かります。1〜2分で分かります。

そこから、どのような経路で乾癬(かんせん)になったかも、同時に分かります。

DSC_0102.jpg

乾癬(かんせん)の治療は根底からします。

 

乾癬は原因が古くから分かっています。詳しく説明した資料があります。ご覧ください。

スクリーンショット 2019-07-04 23.13.54 

乾癬の資料のダウンロードはこちら

関連の記事があります。ご覧ください。

乾癬の治療に困っている方が多い。どのようにすれば良いのか?

◇ 百 宝 元 の 購 入

 

お薬の依頼・ご質問

個人輸入代行の総合ページはこちら

困った時の検索 ①ビビッド・ライフ      ②病名 で検索

ブログの更新情報を月末にメールでご案内します。

bnr-top001_pc.png